コンパクトな式典

こじんまりとした葬儀を行いたい場合には

一度も面識のない人の葬儀に参列した経験を持っている人は、案外たくさんいるはずです。仕事で付き合いのある会社の社長の親が亡くなった際などには、今後の取引の都合がありますから、一応弔問しておくという人がたくさんいます。とりあえず足を運んで香典を置いてきさえずれば義理を果たすことができるという感覚で参列する人が、実際にかなりいます。そのような儀礼的な弔問客に対しても、それなりの接待をしなくてはならないことになりますので、遺族には大きな負担がかかります。儀礼的な弔問を辞退することができれば、もっと落ち着いた見送りをすることができるのにと考える人が多くなったため、小規模な葬儀プランを提供する業者が増えてきました。たとえば家族葬プランを用意している葬儀業者を利用すれば、こじんまりとした葬儀で、心のこもった見送りをすることができるようになります。

故人が高齢である場合には

亡くなった人が高齢だった場合に一般的に行われているような形式の葬儀を執り行うと、かえって弔問客の少ない寂しい葬儀になってしまう可能性が高いです。定年退職後既にある程度の年数が経過しているのであれば、現役時代にお付き合いがあった人との交流も途絶えてしまっているのが普通です。また、友人・知人の多くが既に鬼籍に入ってしまっている場合も多いので、それほど多くの弔問客の来訪は考えられません。そのような場合には、無理をして立派な葬儀を営むよりも、本当に親しかった人だけで見送る葬儀形式にした方がよいかもしれません。規模の小さな葬儀にすれば、費用を節約することができますし、儀礼的な弔問客の対応に煩わされてしまう心配がなくなります。満足できる形で見送りたいと考えているのであれば、家族葬などを選択する方が望ましいです。